いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
中山国交相の辞任-失言に群がるハイエナ達
2008-09-28-Sun  CATEGORY: その他
テレビや新聞ばかり見ていると、自分の考えを喪失していく感覚があるのでほとんど見ないのですが、久々に実家帰ったら親父がニュースみていたので一緒にみていたわけです。
そしたら失言問題で中山国交相なる人が叩かれまくっているみたいで、相変わらずつまらんことに労力が浪費されている。
マスゴミも政治家も人の言葉尻を捉えてこねくり回さないで、もっと重要なことに目を向けろと。
なんというか、大臣の職って随分軽いなという話で、マスゴミの皆さんが面白がって取り上げるのはまだわかるのですが、日本の歩むべき道を示してゆく政治家までもがぐだぐだと追求しようとするのを見ると、こいつらは自分達の利益だけで何も考えちゃいないなとあきれてくる訳です。
後ですぐに引っ込めるような発言だったらするなっていう話ではあるけれども、せめて国を動かす立場にいる人間だったらこの程度の失言で槍玉にあげて叩くなんてことをするべきじゃない。
国内での発言に対しては強く叩くくせに、中国とかが日本に対して侮辱的発言しても叩こうともしない。
強いものには迎合するくせにどういうことだ、と。
なんかマスゴミと軽妄な政治家達によって騒がれているようだけども、一般国民からしたら大臣辞める程の問題ではない気がするんですよね。
民族云々はちょっと嫌な感じはするけれども、少数民族の人が自分達を認識されないことに危機感を抱くのは有り得るとしても、別に差別的な話で言及したわけじゃないからそこまで叩かれる話ではない。
成田空港は・・・住民、暴力団と色々関係あるようだけれども、一概に「ごね得」と言ってしまうのは困り者ではある。
ただ、国家にとって必要なものであるならば、決行せねばならぬこともあるわけで、たった一軒のために何十年も工事が遅れるなんてどこまで平和ボケした国なのかという話でもある。
ちなみに立ち退きゴネると手に入るお金が増えるようですね。
素直に立ち退く人より、ゴネる人の方が得をする、これではまさに「ゴネ得」です(成田空港に限らず)。
日教組がガンだというのは、昔から言われていることで大いに共感できるわけで、これに触れるとマスゴミとかでは批判的に報道されることが多いけれども、ネット上だとその通りという人が多いんじゃないかな。
民主党って日教組と関係深いようですね、マスゴミも。
マスゴミの偏向報道というのは、今回の例を見てもよくわかりますね。
日教組なんてその行動を調べてみれば、教育に関係する組織として害悪なのは明らかだと思う。
なにはともあれ、今の世の中は余裕があまりになさ過ぎる気がしてならないと思うわけなのです。
ちなみに日教組と民主党について↓
http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=387
輿石東は民主党の代表代行ですね、あまり表には出てこないけれども。
なんらかの組織とくっつくのを一概に悪とは言わないけれども、日教組はあまりに頂けない。
教育は国の根本ですから、変な組織に縛られては日本の未来は立ち行かなくなるぞと。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
パコと魔法の絵本
2008-09-25-Thu  CATEGORY: その他
半年振りぐらいに映画を見た。
しかも「パコと魔法の絵本」。
パッと見ではまったく興味がわかないんですけど、妙な流れで見ることに。
単なるファンタジー系なのかなと思っていたら、これまた妙な展開が待っていた。
基本はおちゃらけばかりなんですよね。
相当馬鹿系のが連発するので、拒否感を示す人が居ることも想定できる程の。
僕もあまり好きではないというか、普通にテレビでやってたらはじめの10分で消すのは確実な映画。
映画館だから「まあせっかくだししゃあない」と観ていたのです。
それが一転するのがパコの登場。
馬鹿騒ぎは一貫して続くのですが、その中に不思議な心地よさが入り込む。
パコは記憶を一日しか保てないんです。
7歳までの記憶しかなくて、それ以後は記憶は一日で忘却する。
で、物語の中に偏屈爺さんが登場するんですけど、それが変わるんです。
このパコの忘却によって。
こういう展開はかなり好きなんですよね。
人が人によって変わっていく。
特に少しも変えようと意識せずに自然に振舞っているだけの人間が、その自然な振る舞いによって自然と人を変えていく、というのがたまらんのです。
何か人為的なことをしているのではない、自分の素のままを現して他に影響を与える。
こういうのって、真に精神的に偉大な人物には必ず共通する部分なのです。
老荘思想でいうところの「無為自然」というやつですね。
よく学校とかで道徳教育がなんたら言いますけど、こういうの見せた方が道徳の一番重要な部分が描かれているわけで遥かにいい。
大した信念もない教師がごたごたと語るよりは遥かに得るものが多いと思うのです。
道徳なんて頭で理解するものではないですから。
「偉大なる魂の主は、実は忘却するものなのである。」
この映画を観ながら、ずっとこの言葉が頭の中を巡っていました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
確たる自信、そして正直に、そして食らいつけ-兼元謙任
2008-09-10-Wed  CATEGORY: 名言
兼元氏は言う。「自分ならできる、と確たる自信を持てるようになったからホームレスを脱することができた。俺はダメだ、とめげているうちは何をやっても失敗してしまう」
そして思わぬ転機を幸運に変える秘訣をこう語る。
「石の上にも3年。これだと決めたら最低でも3年は食らいつく。そうしないと、転機があっても何もモノにできない人生になってしまう。また、正直であり、常に人に教えを請うことです。すると必ず協力者が現れます」
http://type.jp/s/kakokiji/type/0410_28.html

自分を信頼すること、そして腐ることなく歩むこと。
よく言われることではあるが、本当に心からそう思える人間なんて多くはない。
この人の場合は一番大事なものを苦労が育ててくれたのだろうなと思う。
環境云々いう前に、まずは自分について考えなくてはいけない。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/09 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。