いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
民主を冠する詐欺政党、千葉景子落選でも大臣留任
2010-07-13-Tue  CATEGORY: その他
千葉法相落選で喜んでいたら、お見事。
これが民主党の実態、管直人という人間の真実でしょうか。
千葉も管も拉致実行犯の釈放嘆願に著名するような人物です。
口先では美辞麗句を並べるけれども、行動をみれば日本人のために働いていないのは明らかでしょう。
テレビの報道や演説なんかに惑わされてはいけません。

日本人なら日本人が拉致されれば怒るのが当然です。
しかし、彼等は怒るどころか実行犯の釈放を願う。
そんな人間が総理となり、大臣となる。
この国は何なのでしょう?
民主党という政党は何なのでしょう?

千葉法相が大臣として何をやりましたか?
国籍法の不備を指摘しようとした丸山議員を恐喝し、最高裁判決を無視して不法滞在者に滞在許可を出し、自己満足のために死刑執行にハンコも押さない。
私意で公を曲げることすらおこがましいのに、その私意が偽善で溢れているからなお更ひどい。

そんな日本のためにならない大臣に、神奈川県民はNOを突きつけた。
それを無視してまで留任する価値が、千葉景子にどれほどあるのか。
日本分裂を目論んでいなければ、彼女を留任する価値はない。
管直人、そして民主党、その良識の無さを、日本人はしっかりと見据えなければなりません。

千葉景子は日本にとって害悪です。
日本のことを思うのであれば、彼女のこれまで行なってきたことを調べてみて下さい。
テレビや新聞には決して載ることの無い、千葉景子という人間の真実が見つかることでしょう。
そして民主党という政党がどういう政党なのかも、きっと分かることでしょう。

日本人は、いまこそ気付かなければなりません。
日本が危機であるということを。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
千葉法相落選、輿石東当選
2010-07-12-Mon  CATEGORY: その他
日本の教育界のガンである日教組のドン輿石東氏が当選してしまった。
あと4000票だったのに残念極まりない。
神奈川の千葉法相落選だけが救いです。
もっと民主を見限ってもよさそうなもんですが、消去法で決めるしかない人が多い感じでしょうか。

酒を飲まない中川昭一氏みたいなのがたくさん出れば最高なのですが、あのような人はそうは出ないでしょうね。
人に媚び売るのが嫌いで国を想い、勉強熱心で才もある。
惜しむらくは、功積は報道されずに失態だけが報道されてしまったことだけです。

いまの選挙は人に頭下げてならないといけないから、世襲以外でこのような人物が出てくるのは稀かもしれません。
政治家というものは国を以て倒れるの精神で為そうとする人でなければならないし、そのような人物を有権者は識別し、自分たちからどうしてもやって欲しいと頼むようにならなければならないのですが、今も昔も国民は目先の生活しかみないから尋常の人物では難しい。

エリート選別の仕方を新たにしなければ、今のように消去法の選択が今後も続くのでしょう。
何はともあれ、民主党の過半数が阻止されて最悪の事態は回避されたというべきでしょうか。
日本人の一日でも早い覚醒を祈ります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
日本が日本であるために
2010-07-10-Sat  CATEGORY: その他
さあ、明日だ。
日本が日本であって欲しいなら、日本のことを考えている政治家に投票しよう。
自分の利益ではなく、日本のことを想っている政治家に。
マスコミの情報操作に惑わされず、自分で情報を集めて、自分で考え、そして自分の責任で投票しよう。
日本が日本であるために。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
選挙、それは偽善という仮面をかぶる
2010-07-03-Sat  CATEGORY: その他
外国人参政権、夫婦別姓、人権擁護法案
日本解体3法案ステルス作戦で準備着々
(産経)

注意すべき覆面法案
外国人参政権の真実
(国民新党)

支持を得たいがために国の行く末を考えない政治家がいる。
自己の利益に走って政策を考えるような人間を当選させてはならない。
私たち投票者は、その候補者が表面を取り繕う者なのか否かを判断するべきなのだ。

民主党は最も重要な法案を隠して選挙に臨んでいる。
強く推進しているにも関わらず、あんなに大好きなマニフェストに何故か記載することもない。
まさに仮面をつけて選挙に臨んでいるに等しい。
このような、投票する者をないがしろにする行為を、私たちは許していいのだろうか。
彼らは、投票者などは表面だけ取り繕っていればいくらでも騙せると思っているのだ。
そんな暴挙を、私たちは見過ごしていいのだろうか。

法案が成立すれば、それが合法化する。
自由や人権という美名の下に、その本性を隠した法案が通ってしまってはならない。
法案は単なる美称を連呼するためのものではない。
問題は、その中身なのだ。
外国人を尊重し、選択する自由を与え、人権を擁護する。
これだけ聞けば大いに結構。
しかし、これが通ればどのようなことになるか、あなたは考えたことがあるのだろうか。
それをちゃんと考えて、投票しているのだろうか。
いま何となく投票して、自分がその報いを受けるだけならばまだいい。
しかし、一番の報いを受けることになるのは、いま投票することの出来ない私たちの子孫なのである。

仮面をつけて善を装う人間など、信ずるに値しない。
巧言令色に騙されず、その本質をみて投票されることを望む。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2010/07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。