いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
パイレーツオブカリビアン
2008-04-19-Sat  CATEGORY: 名言
1週間ぶりぐらいにテレビつけて映画みたわけですけど、
パイレーツオブカリビアン。
まだ、テレビばっかり観ていた頃に面白かったんで。

二度目だけどやっぱりいいね。
なんていってもノリントン海軍大尉がいい。
大体はああいうタイプは嫌な奴が多いのにこの映画はめちゃくちゃカッコいい。
真面目馬鹿っぽいタイプかと思いきや人間味溢れる。
ジャックスパロウに対して、一貫して「最低の海賊だな」と言ってたと思ったら、
見事に艦船奪われてその手際に感嘆すれば、
部下の「これまで出会ったなかで最高の海賊のようですね」との言葉に、
「ああ、そのようだな」と言ってみせる。
職務に頑なに忠実な人間かと思ってたら、本心で相手を認めれば、
うまく逃げおおせた時には「一日の猶予ぐらいは与えてもよかろう」と言う。

忠ではあるけど、寛容さも持ち合わせる。
ああいう人間はなかなかいない。
上に立つ人間としてとても素晴らしい。

単独ではわかりずらいけど名言といっていいやり取りは結構ある映画。
小舟で覆って海中行進中、
ウィルターナー「これって利口なんだか、間抜けなんだか。」
ジャックスパロウ「不思議なことに、その二つは矛盾しない。」

仲間の船員が掟に従って先に船を出発させたことに対して、
ジャックスパロウ「正しいと思ってやったんだ。あいつらに文句は言えない。」

処刑台に送られたジャックスパロウを助けたが、憲兵隊に囲まれた時に、
ウィルターナー「このまま一緒に処刑台に送られたとしても本望です。自分の良心に従って死ねる。」

言葉は実にいい。
最高だね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。