いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
仏道をならふといふは、自己をならふなり。
2008-06-22-Sun  CATEGORY: 名言
教育3chでやってた「こころの時代-宗教・人生-道元のことば~正法眼蔵随聞記にきく~ 我執を離れる」
期待して見てみたらとっても微妙。
司会者はすぐに分かちたがって小さく考えるし、解説してる坊さんはなんか表面的。
司会者にあわせてるだけなのかわからんけれども。
経典を解説してもらって読むの自体が何か失ってる感があるわけで、わからない語彙の意味ぐらいは知らないとどうしようもないが、個々の文章ではなくて全体の流れと大意を自分の感性で受け取らないともったいない気がする。
我執というのは知ろうとすること自体であって、自分の心、その感性で感じとるのは我執ではない。
知るというのは分かつこと、そして自分というのは自らを分かつこと。
自らの心に従えば人如何なんてありえないし、自分の利欲などというものもありえない。
あらゆる事象が自らと共に流れる。
捉え方というのはとても大切で、人はその心との接し方次第でその生き方、現実への感覚が大きく変わる。
自分にこだわればこだわるほど余計なことに煩わされる。
ただし、自分にこだわらない、というのは自分を無くすことではない。
この辺は禅で云う不立文字であってなんとも云い難い。
儒教で云えば中庸の心境だろうか。
仏教も儒教も、根本でいっていることは結局のところ同じ気はする。
最後に一番気になった坊さんの言葉。
ドライに捉えるのが悟りといって良いのではないでしょうか、などと言う。
これはちょっとひどい。
離れるということはドライになることじゃない。
ドライに捉えるのが悟りならそんな悟りは消え去ったほうがいい。
題名に惹かれたけど虚しい番組だった。

仏道をならふといふは、自己をならふなり。
自己をならふといふは、自己をわするるなり。
自己をわすれるといふは、万法に証せらるるなり。

自己心に至る、これ天理にして合して一なり。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。