いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
古代中国の喪の礼に関しての覚書
2009-08-13-Thu  CATEGORY: 覚書
http://ikaisan.pupu.jp/folk/jinseigirei/%90l%90%B6%91r%E2X.htm
たくさん情報が詰っていていい感じ。
父母の喪には子孫男子は家には入らない、父母の喪の場合は三年服すのが厳密な喪礼だが、この制度は三代の頃に行われていたぐらいで、春秋の頃には一般には行われていなかった。
などなど。
ついでに、この引用が印象に残った。
「礼は目上と目下、親と子、夫と妻、年長者と年少者の間の対等でない関係を表現し、同時に実践を通して、「孝」のような核心的価値を教えた。儒家達は、信仰が先行して実践の推進力になっているとは考えなかった。「実践」が信仰の定着を導き得るということを理解していたのである。・・すなわち「言葉で教えるより、礼を示すほうがよい」ということである」
エヴェリン・S・ロウスキ「歴史家による中国喪禮の研究法」『中国の死の儀礼』P41
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。