いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
恥なき政治家と国の行く末
2010-05-05-Wed  CATEGORY: 未分類
GWで実家に帰ったので、久々にニュースを見たのですが、相変わらずひどいですね、この首相。
民主党の人たちはこんな人を上に仰いでよく居られると思う。
まともな信念を持っている人物なら、こんな人を上に仰いでやってられるか!と飛び出しそうなものですが。
首相本人はもとより、これを上に戴いてる人たちも恥を知るべきでしょう。
そして我々日本人全体も、こんな軽薄なる政党を選んだことを恥かしく思うべきです。
前政権時代には首相やって途中で投げ出す人たちもいましたけど、それと比べても今回のは遥かに質が悪すぎる。
学んでいくうちに重要性を認識したとか、もう空いた口も塞がりません。
何を考えて政治を志し、何を考えて一国のトップに立ったのか。
どうでもいいことには細かく調べるくせに、大事なところは察せない。
巧言令色すくなし仁、といいますけども、これで上に立つ者として相応しくない人物がどういうものか、多くの人たちが身にしみて分かったのではないでしょうか。
これで分からないようだと、日本人の感性は地に落ちたというべきです。
人々がその国の偉人を崇敬できる間はその国の人々は血が通っている国民である、という言葉がありますが、偉人と佞人を一緒くたにすることなく、本当に偉人というべき人を識別できるように、個々がその感性を磨いておかねばなりません。
政治は人物学です。
人物の宜しきを得れば必ず国は勃興します。
これは歴史の示す厳粛なる事実であって、その反対もまた然りです。
今、日本は豊かではありますが、尊敬される国ではなくなりました。
フランシスコ・ザビエルが驚嘆した日本人の精神性、それが失われること程、悲しいことはないではありませんか。
日本は、日本が日本としてどう在るべきか、これを真剣に考えるべきところにきているのではないでしょうか。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。