いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
とあるblogより・・・
2006-02-26-Sun  CATEGORY: 覚書
株開始後、しばらくしてから参考にしているブログより抜粋
==================================================


掲示板は、情報源としてはまったく頼りにはならないが、株価が人間の心理の集積だということを如実に示してくれていた。急騰した日の大引け後の掲示板全体が浮き足立つような高揚感、急落時の鬱々とした殺伐感。マーケットの株価の上下が人間の心理を動かし、そしてそれがさらに株価を動かしていく。
もちろんそうしたことは理屈の上では十分に理解していたつもりだった。しかし、ネットの掲示板の書き込みはそのことをはっきりと強く認識させてくれた。

==============================
まず一番大事なのは、生き残ること。

この株式市場では、愚か者はたちまちに退場に迫られる。どうやったら金が儲けられるかなんて虫のいいことを、最初は考えてはいけないよ。

まずは、最初は損をすると思わなければいけない。
運良く、最初にビギナーズラックに恵まれたとしても、その後で、その反動の大敗北がやってくることは必至。まずは「生き残る」ことを目標にしないといけない。
様々な経験を積みながら、様々なことを学びながら、まず1年、大損をすることなく乗り切ることが出来たならば、さあ、それからだ。金儲けのことを考えるのは。

そして、次に大切なこと。それは自分を知ることだ。

あなたはあなた自身が思っているほど優秀ではないし、善人でもない。
愚か者である自分を直視しなさい。
あなたは小心者で感情的な人間だ。
株価が上がると自分がどれほど舞い上がるかを観察しなさい。そして、暴落すると突然に鬱状態になり、恐怖のあまりどん底で手放す姿を直視しなさい。
冷静さを欠いた感情的なトレードを繰り返し、何度失敗してもその失敗を教訓として学ぶことが出来ない。無能な自分、愚かな自分を、まずは認めなさい。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。