いつまで続くのか、何を書くのか、それもまた流れのままに 頭の中にまとまらないものがあるから そんなのがふと出た時に書いていく
僕のネット帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第二十六回戦没者追悼集会
2012-08-15-Wed  CATEGORY: その他
何かいざなわれるものがあって、三年前から靖国神社に行くようになった。
去年も聞いたのだが、午前十時半から戦没者追悼集会をやっていた。
どうも毎年やっているようだ。

去年は小野田さんと、その小野田の前に話ししていたどっかの会長さんの話を聞いて泣いた記憶があって、今年はどうかなーと思ってずっと聞いていた。
大体二時間ぐらい。

そしたら二番目に去年感動したどっかの会長さんが登場した。
多分、英霊にこたえる会の会長さんだったと思う。

これが不思議なことに、何故かその会長さんの話だと僕の心が揺さぶられる。
言っている内容が他の人たちと比べて特別なわけではない。
第一、何を言っていたかは覚えていない。
どうして揺さぶられたのかも覚えていない。
でも何故か涙がでた。
確か去年もそうだった。

その後、数人の講演が続いて、童謡(うさぎ追いし~)と軍歌(同期の桜)が歌われた。
ステージにでてきたおじいさん達が歌い始めると、僕のすぐ横に立っていたご婦人が、抑えた声で一緒になって歌いだした。
聞いていたら、再び僕の目に涙が浮かび始めた。
単なる童謡なのに、よく分からないけど、何故か涙が出てきた。
そこに日本の美しさがあって、死んでいった彼らが守ろうとしていたものがあって、そして僕らが受け継いでいくべきものがある、そんな気がしたのかもしれない。

抑えながらも妙に透き通って聞こえたあの歌声は、もう僕の心を離さないだろう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
麻生中川コンビ
2012-07-29-Sun  CATEGORY: その他


あのコンビはもうみれないんですよね。
あの二人は、日本が本当に好きなんだなというのが、よくよく伝わる二人だった。

「賢者はその身の死を悲しまず、而してその国の衰を憂う。故に必ずまた賢者ありて以て死すあり。」
麻生太郎ももう70過ぎ。
麻生さんは自分の後を継ぐ者を見出しているのだろうか。。。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
なぜ、そんなことをしたのか?ではなく、本当は、どうしたかったの?がいい
2012-07-23-Mon  CATEGORY: 未分類
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2009/03/post-b727.html

やっちまったものはしょうがないからね。
動機が一番重要で。

なぜ、そんなことをしたのか?も動機を聞いているんだけどね。
でも、はたからみたらそんなことかもしれないけど、本人が目指していたところは違うのかもしれない。
思いと行動が一致するようになってきたら、それは立派な大人だろう。

そんなこと考えてたら、孔子の言葉を思い出した。
「その行うところを視て、その由るところを観て、その心のおきどころを察る。人は意外と自分をみせているものだよ」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
国民の生活が第一!という政治家
2012-07-11-Wed  CATEGORY: その他
「国民の生活が第一」結党。
代表は小沢一郎。

「たちあがれ日本」とか「減税日本」とかでさえ、なんだかなーと思ったが、今回のは輪を掛けてひどい。
基本的に国民が馬鹿にされているのだと思う。

甘い言葉やおいしい話を持ちかけるのは詐欺師、というのが僕の常識だ。
僕は僕の親や祖父母からそう教わった。
今の日本に育っている大人たちは、僕とは違う常識を教わってきたのだろうか。

我々は十分に経験したはずだ。
どういう輩が信じるに値しないかを。
その経験に当てはめれば、今度の騒動も自明なはずだ。



一応追記。
「たちあがれ日本」自体は今の政党の中では好きな部類。
ただ、その党名は「青嵐会」を名付けた石原慎太郎の発案とは思えないほど稚拙。
今の国民のレベルに合わせたとしか思えない。
漢字でもひらがなでもカタカナでもいいが、想いがあるならもっと思いを致させる名をつけて欲しい。
孔子はこういっている。
まず名を正さんか、と。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
七つの文明
2012-06-07-Thu  CATEGORY: その他
国際政治学者のサミュエル・ハンティントンは世界を七つの文明に色分けしたという。
七つの文明

日本は一国で異色。
何故異色なのか、今の若い人たちはよくよく考えて欲しい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 僕のネット帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。